産廃の許可申請は自治体により異なる

産廃の許可申請の手続きは、自治体によって違いがあります。

そのため、許可を得たい自治体に連絡をして、詳しい方法を尋ねておきましょう。ホームページにも申請方法について掲載があることがありますが、それだけではわからないこともあるはずです。直接確認しておけば、勘違いを防ぐことができて無駄な時間がかからないようにすることができます。産廃の許可申請を行政書士に頼んだ場合、このような手間を省くことができます。

産廃を専門に開業している事務所であれば、許可申請に関する実務の運用は当然知っていますので、わざわざ調べる必要がないからです。また、形式面でも不備がないように申請書類を作成してくれるため、申請の前段階で苦労することがなくなります。さらに、提出の代理もすることができるので、すべてフリーで任せることもでき、時間の短縮になるでしょう。許可申請をする前に講習会に参加して修了証を取得するなど、事前にやらなければならないことは多いです。

これは新規だけではなく、更新の際にも必要となることであるため、忘れてはいけません。添付書類がない場合などは役所は認めてくれないので、無駄な手間をかけないようにするためには、しっかり確認しておく必要があります。行政書士に相談すれば、すべてのことについてアドバイスをもらうことができますし、任せておけば漏れなく対応してくれます。依頼するのにお金はかかりますが、その分スムーズに開業できるようになるのが利点です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *