自営業を目指す方におすすめな産廃の許可申請のあり方

自営業を目指している人の中には、特別な資格を有しておらず、どのような分野で仕事をするのかを迷っていることも多々見られます。

フランチャイズ系の場合は簡単に起業可能ですが、そこにはある程度のリスクというものがあります。単独で自営業をして、しがらみを無くす方法では、資格を有していなくても運転免許があれば産廃業として仕事をすることも不可能ではありません。お住まいを管轄している役所に行くと、条件を満たしていれば許可申請を行えます。もしも手続きで困ってしまった際には、行政書士の事務所では産廃物の運搬に関わる許可申請の代理を行っている場所があるので、任せてみると確実に許可を取ることができます。

後は車両を購入することが欠かせません。普通の平型のトラックではなく、荷台を傾斜させることができるトラックの方が使い勝手はかなり良いと判断できます。資金面で調達することが難しいと感じている場合では、中古トラックでも問題なく活用できます。車種により違いはあるものの、トラック系の車両は耐久性が優れており、30万キロ以上を軽々と走破できる車両が多い特徴もあります。

そのため、中古車両でもまだまだ使えるトラックはあるので、金銭面の負担を軽減できます。産廃物運搬の許可申請を済ませて車両を入手した時点で自営業をスタートすることが可能です。最初の段階では営業を掛けて自前のお得意先を確保することが必要なので、名刺を作成することと、会社のサイトを作ること、宣伝用の広告を作ることで営業を上手く行えます。ある程度の顧客を確保できた際には、安定収入を見込める分野なので自動車免許のみで開業可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *