産廃業者の許可申請内容は知っておくべき

産廃業者は都道府県知事に業者としての許可を受けないとその業務を行ってはいけない決まりとなっています。

そのため、一般の企業や個人等が産業廃棄物を廃棄する際には、一般的にこれらの業者に委託をすることとなりますが、その許可申請の内容に関してはほとんど意識をしないと言うケースが少なくありません。すべて業者に任せれば確実に処理をしてもらえると考えている人が多いのですが、実際には悪質な業者等に当たってしまうと単に正当な処分ができないばかりでなく、依頼した側が法律で処罰されてしまうことになるので注意が必要です。そのため依頼する業者が行っている許可申請内容は知っておくことが重要となるのです。

産廃業者の許可申請を行う際には、産業廃棄物を適切に処理するための方法に関して熟知しており、これらを法律に従って処理することができる設備を有して入ることが必要となりますが、さらにこれらの設備を利用して法律に基づいた形で産業廃棄物を処理した実績があることも重要な条件となります。すなわち法律の内容を知っており設備を有していても、実際にその設備を利用した実績がなければ許可を受けることはできないものとなっているのです。

これは形ばかりの設備を申請のために利用し、実際には不法な処理を行い利益を上げようとする業者を排除するためのもので、産業廃棄物を確実に処理することができる業者を選ぶために非常に重要なこととなっているのです。産廃廃棄物の処理を法律に則って確実に行わないと、これを依頼した側も法律に従って処罰されることになります。そのため確実に処理をすることができる業者を選ぶためにも、産廃業者の許可申請の内容を知り、これに基づいて作業を行っている業者を選ぶことが必要となるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *