産廃の許可申請で代行を依頼するメリット

産廃業は許可事業のため産廃業を始めようという場合、許可申請をする必要があります。

この許可申請は自分で行うことも可能ですが、実際に申請者自身が手続きを行うことはまれで、行政書士などが代行することがほとんどです。それは代行を依頼した方がメリットが多いからです。まず、面倒な作業を回避できるというメリットがあります。産廃収集運搬業の許可申請には多数の書類を作成する必要があります。これらの書類はそれぞれに決まった書式があり、ちょっと聞いただけですぐに作成できるほど単純なものではありません。

申請者自身が作成しようと思えば、何冊も法律書を読んだり行政担当者に何回も問い合わせるなど、多大な労力が必要となります。またこうした書類は都道府県によって作成方法が異なります。複数の都道府県にまたがる事業展開を考えている場合はそれぞれの都道府県に許可申請をする必要があります。そうすると、それぞれの作成方法を確認しながら作業を進めなければならず、非常に手間がかかることになります。

行政書士に代行を依頼すれば、こうした気が遠くなるような面倒な作業をしなくて済むのです。さらに産業廃棄物は20に分類され、それぞれについて許可を得なければなりません。複数分類の許可申請は一度にできるのですが、これをした後で自分が運搬しようと思っていたものが違う分類と気づいた場合、あらためて分類変更の申請をする必要があり、二度手間になります。確かな知識を持つ行政書士に代行を依頼すれば、こうした事態も避けることができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *