産廃の許可申請は代行業者に依頼

産廃を運搬するためには、都道府県の許可を得る必要があります。

会社がある場所で許可を取るわけではなく、廃棄物を積み込むところと処分する場所を管轄している2つの都道府県の許可を得なければなりません。例えば、東京から廃棄物を積み込んで埼玉県で処分する場合には、東京都と埼玉県の2つの許可が必要になります。最近ではコンプライアンスの高まりもあって、産廃の収集運搬業の許可を求めることも増えているようです。

産廃収集運搬業の許可申請を行う際には、行政書士事務所など手続きを代行してくれるところに依頼するとスムーズにいきます。許可申請の手続きは煩雑なので、専門的な知識を持っていないと戸惑うことも多いものです。場合によっては、後から種類を変更する許可申請を行わなければいけないこともあります。そういった手続きを専門に行っている代行業者であれば、面倒な手続きを自分で行う必要がありません。手続きをスムーズに進めることができます。

それから産廃の処分業を営む場合にも、許可申請を行う必要があります。書類を提出すれば必ず認められるわけではなく、事業計画を立てて候補地を選定し、行政にも事前に相談するといった流れになります。事業計画の内容によっては、許可されない事もあります。そういった事態を防ぐためにも、手続きは専門的な知識を持っている代行業者に依頼するのがおすすめです。状況にあった的確なアドバイスをもらうことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *