業者が産廃業の許可申請を代行してもらうメリット

ビジネスを拡大しようと不用品回収を行う業者の人が、産業廃棄物の回収や運搬を始める人が増えています。

しかし、産業廃棄物を扱うのは許可制になっており、業務を行う都道府県知事の許可がないと作業を行うことは出来ません。無許可で行うと法律違反になってしまいます。産業廃棄物の回収や運搬を行うためには、講習会に出席する必要があるだけではなく、財務諸表などの必要な書類を集め役所に提出するための大量の産廃業の許可申請の書類を作成しなければいけません。

業者の人は、講習会に参加しなければいけないだけでも大変なのに、必要書類を集めたり大量の産廃業の許可申請の書類の作成まであるとかなりハードルが上がってしまいます。しかも産廃業の許可申請の書類は、不備があれば書類を修正してまた役所まで足を運ばなくてはいけません。そのため、よほど多くの人手がいる業者でもなければ、プロである行政書士に産廃業の許可申請の代行を依頼します。もちろん行政書士に代行を依頼すれば費用が、掛かってしまいます。

しかし、自分で時間を割いて書類を作成することを考えれば行政書士に依頼した方が、時間の削減が出来て助かります。ただし、行政書士はどの人に依頼するかで料金が変わって来ますし、サポート体制や代行の実績も変わって来ます。そのため、行政書士ならどの人でも同じだと安易に決めずに複数の行政書士の料金や、サポート体制などをしっかりと確認してから決めることが大切です。
産廃の許可申請のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *