産廃許可申請代行を選ぶポイントは

産廃の許可申請は、自治体ごとの行わなければならないものです。

そのため、複数にまたがっている場合は、それぞれで手続きを行わなければならず、非常に手間がかかります。行政書士に依頼すれば、その手間を大幅に削減することが可能です。一つの自治体に許可申請をするだけでも個人でやればそれは時間がかかりますが、複数と言えばなおさらです。エリアをまたがって扱うのを得意としているところなら、割とあっさりやってくれるので、そのような実績が豊富なところを探して依頼しましょう。産廃の許可申請は、業務によっていくつかの種類があり、やらなければならないのが異なります。

自分一人だとそれを判断するのが難しいですが、行政書士ならヒアリングをしたうえでどれを申請すればよいのか的確に判断してくれるので助かります。ノウハウがしっかりとしているところなら、これで間違った産廃の許可申請をしてしまうことはないでしょう。

行政書士の扱うジャンルは非常に広いため、詳しくないジャンルをお願いした場合は時間がかかることもありますので、なるべくこの分野が得意なのかどうかは下調べしておきましょう。大体はホームページで何々を専門にしていますというような宣伝の仕方をしていて、検索で産廃と入力してヒットした行政書士はほぼそれを得意ジャンルとしています。したがって、見つけることはさほど大変ではありませんので、後は依頼しやすそうかどうかや料金などを見て決めましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *