産廃業の許可申請は代行してもらうべきです

新たに産業廃棄物の回収や運搬を始めようとする、業者が増えています。

しかし産業廃棄物の業務は、許可制になっており許可を得なければ業務を行うことは出来ません。無許可で産業廃棄物の取り扱いをすると、法律違反になってしまいます。産業廃棄物の許可を得るためには、講習会の出席だけではなく産廃業の許可申請の大量の書類の作成や、財務諸表などの必要な書類を集める必要があります。業者の人からすれば、講習会に出席して終了証を手にするだけでも大変なのに、複雑な書類の作成はかなりハードルが上がってしまいます。

書類の作成は、慣れている人が行えば間違いなく作成することが出来ますが、不慣れな人が行うと間違いやすく間違った書類を作成すると、また修正して役所に提出しなければいけません。そのため、人が余っている業者なら産廃業の許可申請の書類を時間を掛けて作成することが出来ますが、そうでもなければプロである行政書士に代行してもらうのが一般的です。

産廃業の許可申請を行政書士に代行をしてもらえば、当たり前ですが費用が掛かってしまいます。費用が掛かるからと躊躇する業者の人もいますが、手間と時間を考えれば行政書士に代行してもらった方が手間や時間の削減が出来ます。ただし、どの行政書士でも産廃業の許可申請の代行の実績が多くあるわけではありません。出来れば多くの実績のある行政書士に依頼した方が、業者の人も安心して任せることが出来ますしサポート体制もしっかりとしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *