産廃物は許可申請をもらって処分する

一般的な会社では事務用のゴミぐらいしか出ませんので、一般の家庭ゴミと同じような感覚で処分することが出来ます。

困ることといえば、一般家庭よりも書類のゴミがたくさん出ることがありますので、地域によってはゴミ処理代金が高くついてしまうことがある、といった程度です。ですが、事務処理の会社ではなく製造業のような大きな施設で何かを加工したり、化学薬品を扱う施設になるとゴミの種類が変わってきます。こうした工場で出てくるゴミは一般的なゴミと違い産業廃棄物として扱われることがあります。

このゴミは普通に燃やして処分してしまうと、大気中に有害物質を撒き散らしてしまったり、液体が漏れ出して近隣の自然環境を破壊してしまう恐れがあります。これらのゴミを扱うためには専門の施設で、正しい処理を行っていかなければいけないのです。そのためには産廃物を扱うための許可申請が必要です。適当に扱って処分するのではなく、正しい手続きが必要で、どの様な化学薬品をどの様に処分するのかきちんと報告しなければなりません。

許可申請をきちんともらった産廃物だけが合法的に処分することが出来ます。この手続きが面倒だと感じる人もいるかもしれません。ですが、産廃物の許可申請もなしに処分していくことは、完全な違法行為に当たります。もしも見つかってしまえば、罰則を受けてしまいますので、きちんと処分するように心がけたほうが自分のためになりますし、環境のためにもなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *