産廃業に必要な許可について

産廃業とは、産業廃棄物収集運搬業並び特別管理産業廃棄物収集運搬業の他、産業廃棄物処分業や特別管理産業廃棄物処分業があり、いわゆる工場や企業等から日々排出される産廃物の収集運搬と処理を専門とする事業所のことです。

それぞれ専用の許可が必要とされており、建設・建築会社や運送事業者もこれらを取り扱う場合、必ず専門講習を受ける必要性があり、申請に必要な料金を納める事で産廃業の許可証が発行されます。

産廃業に関しては、国により定められた廃棄物処理法を遵守し、法令に基づく収集運搬及び処分の基準に従わなければならず「産廃排出企業はその廃棄物が生活における環境保全上問題を生じないレベルにまで適正処理されるまで責任を免れない」という厳しいものです。許可には有効期限があり更新手続きが必要とされています。

法で定められた専用マニフェストを必ず携帯し、運搬車両においては運搬内容物に応じた適切な外部からはっきりとわかる表示の義務の他、産廃物の流出や飛散をはじめ、悪臭や騒音等にも十分留意する義務があります。また、自ら排出した産廃物のみを自社運搬する場合には許可を特に必要としません。産廃業は、鉄スクラップ・廃プラ類・紙類等様々な受け入れ事業者があり、それぞれ用途に合ったリサイクルやリユースに用いられたり、この副産物を利用した新しい製品開発も進んでいます。産物業とは、持続可能な循環型の環境関連事業として、これからも社会の発展・構築に欠かすことの出来ない事業です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *