産廃業の許可申請の複雑さ

様々な事業を始める際には様々な手続きが必要な場合も多いですが、産業廃棄物の収集運搬を行う産廃業も、自治体の許可を得て事業を始める必要のある業種の1つです。

取り扱うものがものだけに、産廃業の許可申請は非常に複雑なものになっていて、知識や経験がない人が行うと大変な時間がかかってしまうことが多いです。まず、絶対に必要な申請書類自体の内容が難しく、まちがいなく作成するためには専門的な知識が必要となるため、逐一わからないことを勉強したり、行政の担当者に確認したりする必要が出てきます。

また、それに加えて申請を行う自治体によってそれぞれ異なる添付書類も必要になってきます。全ての書類を揃えるだけでも大変な作業ですが、さらに窓口で行政担当者と折衝を行い、不備がある点はその都度訂正して再提出をしなければならないことも多いです。このように複雑な産廃業の許可申請が原因で、既に事業を始める準備ができていてもなかなか許可が下りずに事業を始める事ができず、無駄な時間を過ごしてしまうことがあったり、申請にあたり担当者が普段の業務に支障をきたしてしまったりと言う事態も起こり得ます。そのような事態を避けるためにも、産廃業の許可申請は行政書士に代行するのが得策です。

豊富な経験と専門的な知識を持つ行政書士なら、申請を円滑に進めることができるので、スムーズな事業開始が期待できます。また、事業を始めてからも様々な場面で助言をしてくれたり、相談に乗ってくれたりする行政書士事務所も多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *