産廃業の許可申請は代行してもらうべき

産業廃棄物を運搬するためには、都道府県知事の許可が必要になります。

しかも不法投棄などの問題が、社会問題になっている現在、産廃業の許可を得る手続きは難しくなっています。業者の人は講習にも出席しなければいけませんし、手続きの書類も複雑になっているだけではなく、多くの書類を集めなければいけません。素人が手続きをしようとすると、手間が掛かってしまいますし、産廃業の許可申請の書類に不備があれば書類を修正しまた役所に足を運ばなければならず、時間も掛ってしまいます。

そのため、産廃業の許可申請を代行してもらう業者が増えています。代行をしてくれるのは、行政書士になります。もちろん行政書士に代行を依頼すれば、費用が掛かってしまいますが、業者の人は代行してもらうことで、面倒な書類作成に時間を割く必要もありませんから費用が掛かっても代行を依頼した方がスムーズに作業が出来ます。ただし行政書士は多くおり、どの人に依頼するかで費用が変わって来ます。

また代行の実績や、サポートの体制もどの行政書士に依頼するかで違います。多くの実績のある行政書士の場合には、サポート体制もしっかりとしており、許可申請だけではなくその後の更新の手続きも行ってくれるような体制が整っています。同じ費用を払うのなら、実績が多くありサポート体制が充実している行政書士に依頼した方が、しっかりとしたサポートをしてくれるので代行してもらう際には、行政書士の実績やサポート体制を確認して以来しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *