産廃業の許可申請を代行をしてもらうメリット

産業廃棄物を運搬する業者は、必ず都道府県知事の許可を得なければいけません。

許可をえるためには、業者の人は講習を受けなければいけませんし多くの申請の書類を作成、必要な書類を作成しなければいけません。書類の作成は、素人には難しく時間が掛かってしまいます。しかも、書類は不備があれば役所に提出しても、修正をしなければいけませんから何度も役所に足を運ぶことになります。業者の人は、講習を受けるだけでも大変なのに産廃業の許可申請の書類を作成まで行うのは大変です。そのため、最近では産廃業の許可申請を行政書士に代行してもらう業者が増えています。

もちろん行政書士に産廃業の許可申請の代行を依頼すれば、費用が発生します。費用が掛かるのなら自分で行うと言う業者の人もいますが、自分で書類作成に掛かる費用を考えれば費用が掛かっても業者の人はその分違う業務をすることが出来るので、助かるはずです。また行政書士に依頼した方が、書類の作成がスムーズに行うことが出来て早く申請を行うことが出来ます。

ただし、どの行政書士に依頼しても費用が同じというわけではありません。また、産廃業の申請の実績も違って来ますし、サポート体制も違って来ます。同じ費用を払って依頼をするのなら、安心して任せることが出来る実績が多くありサポート体制がしっかりしている行政書士に依頼した方がいいです。代行を依頼する前に、まずはどの行政書士に依頼するかをしっかりと選んで決めましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *