ガス給湯器交換を依頼する業者選びのポイント

ガス給湯器交換を行なうには、ガス管や水道管を安全に接続する技能が必要なので、DIYでガス給湯器交換をすることはできません。このため、長年使用して老朽化したガス給湯器を新しいものに交換したいというときには、専門の業者に依頼する必要があります。とはいえ、現在ではガス給湯器交換を請け負う業者とのトラブルの事例も増えているので、依頼する業者は慎重に選びたいものです。まず、業者を選ぶときには、ガス給湯器の取り外しと取り付けを安全かつ確実に行える技術を持っている業者であることが大前提となります。

近年は無資格で営業する悪質業者も増えていますが、優良業者は、少なくとも「ガス機器設置スペシャリスト登録店」と「水道局指定工事店」の2つ資格を保有しています。ガス機器設置スペシャリスト登録店は、安心して使用できるガス機器を適正な設置工事で提供するとともに、ガス機器の使用上の注意点の説明や整備などのアフタフォローをしっかりできる優良業者であることを示す資格で、この資格を保有する業者ならば、ガス給湯器交換を安心して任せることができます。また、水道局指定工事店は、各地域の水道局から認可を受けた高い技術を持つ水道工事業者であることを示す資格なので、こちらの有無もよくチェックしておきましょう。なお、一般にガス給湯器の寿命は10年程度といわれているので、この期間安心して利用できるように電話一本ですぐに駆けつけてメンテナンスを行なってくれる優良業者を選ぶことが大切です。

現在では購入時にオプション料金を上乗せして支払うことで、契約期間中は何度でも出張修理を無料で請け負ってくれる修理保証をつけている業者も存在するので、できれば10年間の修理保証をつけられる優良業者にガス給湯器交換を依頼するのがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です