浄水器、それぞれのタイプの特徴を知る

浄水器は家庭で気軽に浄化された水を利用することができる道具です。ウォーターサーバーとは異なり、サーバーを利用する手間が不必要で、水道水を利用するため水の利用代金が発生しないと言うのがメリットです。また浄水器には様々なタイプがあるので、その特徴に合わせて選ぶことができると言うのも魅力です。どのようなタイプがあるのか、そしてどのような特徴があるのかと言うのは以下の通りです。

まずは蛇口直結型です。このタイプは文字通り、蛇口に直接、設置することができます。そのため設置工事などが不要で、購入したその日から利用できます。設置に関して特別な知識や技術はいらず、誰でも簡単に設置可能です。

浄水器の中でも最もポピュラーな、オーソドックスなタイプだと言えます。それからシンク設置型で、これはシンクに設置するタイプです。据置型と呼ばれるタイプの場合は工事が必要ありませんが、アンダーシンク型と呼ばれるような、シンク下に設置するタイプの場合は工事が必要です。ただアンダーシンク型はそれなりに大きさがあるため、蛇口直結型に比べると浄水機能が高いのがひとつの特徴です。

そしてポット型です。これはポット容器の形をした浄水器で、その中に水を入れて使用します。そのため浄水を持ち運びできると言うのが、他の浄水器とは異なる点です。ただしポット型なのである程度、容量は限られていますし、小型のものの場合は浄水機能もそれなりです。

ただフィルターの交換などが簡単にできると言うのは、このタイプの魅力のひとつに挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です